中四国エイズセンター

中四国ブロックのエイズケアの包括組織

一般・患者の皆様へ

FOR GENERAL

HIV感染症の治療

HIV感染症の治療

HIV感染症に対して、1997年からHAART(Highly Active Antiretroviral Therapy:多剤併用療法)という治療ができるようになり、HIV感染者の生命予後は飛躍的に改善しました。最近ではARTまたはcARTとも呼ばれるようになった抗HIV療法は、一般に、バックボーンと呼ばれる核酸系逆転写酵素阻害剤を2剤に、キードラッグと呼ばれるプロテアーゼ阻害剤またはインテグラ−ゼ阻害剤を1剤組み合わせて内服するのが基本です。

HIV感染症の治療

HIV感染症の治療

現在では薬も改良され、副作用が非常に少ないものや1日1回1錠でよいものなどが使用できるようになりました。患者さんの服薬の負担は劇的に改善しましたが、HIVを体内から排除する根治治療は、今のところありませんので、服薬は一生続けていかなくてはなりません。

HIV感染後の平均余命

デンマークで行われた調査※1によると、1996年以降ARTを受けた25歳のHIV陽性者では、その後の平均余命は35年と報告されました。しかし、その後もHIV陽性者と非陽性者の差は縮まり続けています。アメリカの調査※2では、CD4数>500 /μLで治療を開始した20歳時のHIV陽性者の平均余命は、54.5歳と非陽性者と変わらないと報告されています。
抗HIV薬がなかった時代には、10年くらいしか生きられないと言われていたHIV感染症でしたが、ウィルス発見から約20年が経過し、治療の進歩によりHIV感染患者の生命予後は飛躍的に延びています。

※1 Nicolai Lohse et al. Survival of Persons with and without HIV Infection in Denmark, 1995-2005. Annals of Internal Medicine. 2007
※2 Marcus JL, Chao CR, et al. Narrowing the gap in life expectancy between HIV-infected and HIV-uninfected individuals with access to care. J Acquir Immune Defic Syndr. 2016.

ARTの開始時期

推奨度の違いはあれ、原則的に診断したら速やかに治療開始です。しかしながら、外来での1ヶ月分の医療費の自己負担は、約7〜8万円になります(健康保険使用、3割負担で計算)。そのため多くの患者さんは、自己負担を減らすために自立支援医療制度を利用して治療を行いますが、制度の申請には、ウイルス量やCD4数などの検査値が4週間以上間隔を空けて2回測定する必要があること、CD4数>500 cell/μLでは該当しない場合もあること、などの問題があります。

詳細は、最新のHIV感染症治療研究会発行の『治療の手引き』や、厚生労働省研究班のガイドラインを参照して下さい。

適切な治療開始時期を逃さないために、早期にHIV感染症を見つけることと、 定期的に受診することが重要となります。

スマートフォン版PC版