中四国エイズセンター

中四国ブロックのエイズケアの包括組織

STAFF BLOG

ACC・ブロック拠点病院HIV/AIDSコーディネーターナース会議に行ってきたんよ☆

kumaおじぎ

みなさん、こんにちは!

ブログでは、はじめましてになります、今年4月からチームに加わりました城下です。地元熊本の病院でICU看護師として2年勤務したあと、再び大学時代お世話になった広島に戻ってきました。どうぞよろしくお願いいたします。

 

記念すべき初の投稿では、これまた初めての研修について書こうと思います。6月5、6日にあり、私は6日に参加させて頂きました。

ipp

5日は、看護管理者会議で、小川さんが『平成26年度「HIV/AIDS看護体制に関する調査」中間報告』の発表をされました。

これは発表前の場面でしょうか、小川さんお疲れ様でした。

 

 

 

 

 

続いて、6月6日、HIV/AIDSコーディネーターナース フォローアップ研修です。研修内容は、ファシリテーションスキルについてで、「参加型」研修を体験してきました。私はというと、研修で県外に行くのも初めて、ブロック拠点病院の方々と会うのも初めて、本当にドキドキしながら行って参りました。(そして田舎者の私は東京の人の多さに圧倒され、ACCに着くまでに既にへとへとでした、、笑)

 

体験① オリエンテーション

グループサイズを、「隣の人」から「ペアを合わせた4人グループ」、これをばらした「小グループ」、と、どんどん増やしていくことで、緊張が解れ(一番緊張していた自信があります笑)、意見を出しやすくなることを体感しました。

 

体験② ブレーンストーミング

ブレーンストーミングとは、集団でアイディアを出し合うことによって、相互交錯の連鎖反応や発想の誘発を期待する技法(Wikipediaより)で、今回は「コーディネーターナースとして思うこと」をテーマにグループで話し合い、時間制限の中で出た意見の数を競いました。批判は厳禁、というルールの下で、時間制限あり、勝負あり、ということもあってか、たくさんの意見が出て、そしてどれも率直な意見ばかりでした。

 

体験③ 話し役と聞き役

質問の技カードというものを用いて、主にオープンクエスチョンを使った対話をしました。カードには、「~というと?」とか「ほかには?」などの例が挙げられ、「エピソードを教えて下さい」は必ず使うことになりました。話の流れと合ってないよなーと思いながらも、「エピソードを教えて下さい」と言うと、話し役の人は少し困った顔をしながらも、何か話して下さいました。そして、その話は、とても具体的で情景を共有でき、一気に親密になっていくのが分かりました。

 

さいごに、

↓これが私の振り返りです。(聞き役の人がホワイトボードに書いてくれました)黒:今日の感想 赤:印象に残ったこと 青:これから活かしていくこと

IMG_0102

 

 

 

 

 

 

 

各項目、1分程度の時間制限があり、考えをまとめる暇もなく慌てて喋っていましたが、これが研修直後の素直な感想なのだと思います。

 

そして、

「カタルタ」というものを用いて、感想を言い合いました。↓こんな感じのものでした。絵心がなくて非常に申し訳ないのですが(笑)、最初に感想を一言で言って、出てきたカルテの接続詞に合わせて文を繋げていきます。3枚目のカルテでしめるのですが、予期せぬ接続詞ばかり出て爆笑しながらも、なぜか自然にまとまっていく感じを味わいました。

カタルタ2

 

 

 

 

 

 

 

たとえば、、、楽しかったです、「せめて」今日学んだオープンクエスチョンの1つだけでも使えるようになりたいです、「それはさておき」最近は雨ばっかりで地元の熊本が報道されるたびに心配になります、「そもそも」梅雨はあまり好きじゃありませんが憂鬱な天気に負けず頑張ります!  みたいな感じでしょうか。ぜひみなさんも試してみて下さい。

 

学生の頃、ファシリテーターは何度か経験したことがありましたが、こんなにたくさんのスキルがあることは知りませんでした。今後のアクションプランとして、これから看護面談で患者さんと1対1で話していく場面が増えていきますが、体験③で学んだオープンクエスチョンを活かしていきたいと思います。

 

☆余談☆☆☆

研修の帰りに虹が、、、!☆

ipp

 

 

 

 

 

見えますよね? 笑  きっといいことが起こる前触れだと信じて!これからも一生懸命頑張ります☆

 

このブログにも度々登場すると思いますのでどうぞよろしくお願いします。ここまで読んで頂きありがとうございました。

ではまた!

(城下)

 

2015/07/02
Category:研修会・会議・講演等

心理職対象HIVカウンセリング研修会(初心者向け)の申込締め切りを延長しとるよ

kiみなさま、こんにちは。

今月末に開催する研修会の定員に若干の空きがありますので、申し込み締め切りを延長しました。

「平成27年度心理職対象HIVカウンセリング研修会(初心者向け)」という研修会です。

HIVカウンセリングに携わる立場の方にはもちろんですが、違う領域で働かれている心理職の方にも、普段の臨床で活かせる内容にしたいと考えて企画しています。

HIVについて知識ゼロの方でも理解していただけるよう、当院エイズ医療対策室長の藤井より「HIV感染症の基礎知識」の講義をいたします。難しい内容を医療的知識のない人にも分かりやすく話してくれると、毎年好評の講義です。

また、講義「HIVカウンセリングについて」では、HIVカウンセリングはなぜ必要なのか、具体的にはどんなことをしているかなど、喜花よりお話しさせていただきます。チーム医療の中で心理職として貢献したいと考えている方にも役立つ話ができればと思っています。

無題また、今回は外部講師として、広島文教女子大学の松髙由佳先生に「性の多様性と心理的支援」と題してお話しいただきます。松髙先生は、セクシュアルマイノリティの心理的支援のために心理士に必要な知識や態度についての研究もされておられます。援助を求めて来られたセクシュアルマイノリティの方を有効に支援するために、どの領域で働く心理職にとっても役立つお話が聞けると思います。

研修会の概要です。

 

H27年度心理職対象HIVカウンセリング研修会(初心者向け)

【日時】 平成27627日(土) 10001630

 【主催】 広島県臨床心理士会(厚生労働省中国四国ブロックエイズ対策促進事業)・広島大学病院エイズ医療対策室

 【参加資格】 中国四国ブロック内のエイズ治療拠点病院勤務の心理職、派遣カウンセラー、HIVカウンセリングに関心のある臨床心理士・大学院生などHIVカウンセリング経験者も参加できます)

【会場】 広島大学病院 臨床管理棟3階 2会議室(広島市南区霞123

【プログラム】

HIV感染症の基礎知識」

   講師 広島大学病院エイズ医療対策室 藤井 輝久

   座長 広島大学保健管理センター 内野 悌司

HIVカウンセリングについて」

   講師 広島大学病院エイズ医療対策室 喜花 伸子

   座長 広島大学保健管理センター 内野 悌司

「性の多様性と心理的支援」

   講師 広島文教女子大学  松髙 由佳先生

   座長 広島大学保健管理センター 内野 悌司

「事例検討」

   事例発表者: 県立広島病院 安食 美葵先生

   コメンテーター:広島文教女子大学  松髙 由佳先生

 

参加申込の期限を、6/17(水)とさせていただきました。

ご参加を希望される方は、中四国エイズセンターのホームページに開催要項と申込書が掲載されていますので、メールかFAXでお申し込みください。

(喜花)

2015/06/02
Category:研修会・会議・講演等, お知らせ

第5回中国四国地方HIV陽性者の歯科医療体制構築のための研究会議を開催したんよ!

とっても前の報告となりますが、昨年10月に開催しました会議について報告いたします。

平成26年10月26日(日)「中国四国地方HIV陽性者の歯科医療体制構築のための研究会議」が広島大学病院大会議室にて開催されました。今回で5回目になります。

対象者は、中国四国地方のエイズ診療拠点病院に勤務しHIV陽性者の歯科医療に携わっている、もしくはこれから携わる予定の医療機関に勤務している歯科医療従事者です。さらに、各県歯科医師会会長からの推薦を受けた歯科医師も参加し、当日の参加者は計27施設より、45名(歯科医師27名・歯科衛生士18名)でした。

この会議は、歯科医療従事者がHIV陽性者の抱える問題を理解するとともに、拠点病院歯科領域、地域歯科医師会のそれぞれが連携する事によってHIV陽性者の歯科医療体制の構築を目的とする会議です。

≪プログラム≫

9:00~    受付開始

9:30~   開会の挨拶

広島大学病院輸血部・医療対策室の藤井輝久先生にして頂きました。(藤井先生には歯科領域の研修会や研究会議等毎回ご協力いただいています・・・ありがとうございます)

9:40~  講演1「HIV診療の現状と展望」

講師:東京医科大学病院臨床検査医科学科 助教 村松 崇先生

HIV感染症治療の急激な変化および暴露予防等についてご講演を頂きました。歯科医療は血液暴露等も多く、参加者がとても気になる分野でもあります。そのため、質疑応答でも多くの手が挙がりました。

11:20~ 講演2「歯科への期待のメッセージ」

講師:大阪HIV薬害訴訟原告団 理事 森戸 克則氏

「消極的あるいは結果的でも医療を受けられないこと自体、とても残念でもありショックなこと」「歯が痛いけど我慢するしかないのか」など、患者さんの立場からの想いを交えながら、ご講演頂きました。

13:00~会議

話題提供「地域におけるHIV歯科診療体制構築のポイント

~行政、歯科医師会、拠点病院の役割について~」

講師:厚生労働科学研究「HIV感染症の医療体制の整備に関する研究

歯科のHIV診療体制整備」研究班 研究協力者 秋野 憲一先生

(札幌市保健福祉局保健所 歯科保健担当課長)

秋野先生は、はるばる北海道から来広いただき、行政の立場から、地域におけるHIV歯科診療体制構築のポイント(行政、歯科医師会、拠点病院の役割)について、ご講演頂きました。(余談ですが、とてもいい声をされていました)

議題「中国四国ブロックにおけるHIV陽性者の歯科医療体制構築について」(司会:広島大学病院 栗原 英見)

広島大学病院主席副病院長の栗原英見先生の司会の下、中国四国地方各県のHIV陽性患者に対する現状、問題点、前回の会議からの改善点を報告していただきました。

各県の報告では、まだまだ改善する点や問題点はあるようでしたが、積極的に取り組みを行っている県もあり、活発な会議であったと感じました。

15:00~  閉会の挨拶(広島大学病院 栗原 英見)

~おわりに~

歯科診療ネットワークの構築は全国的にも少しずつ広がりが見られます。しかしながら依然として、HIV陽性者に対する歯科診療拒否やプライバシーの留意が徹底できない等の問題が残されているのも現状です。HIV陽性者に対する歯科医療のために必要なことは、歯科医療従事者がHIV感染症に関して正しい知識を有した上で診療に携わることであり、速やかに情報が共有できるよう、拠点病院内問わず、他の病院や地域との医療連携を図ることは非常に重要であると再確認いたしました。

(歯科衛生士 岡田)

2015/04/28
Category:研修会・会議・講演等

プロフィール

PROFILE


広島大学病院HIV医療チームのスタッフブログです。

バックナンバー

BACK NUMBER

検索

SEARCH

スマートフォン版PC版