中四国エイズセンター

中四国ブロックのエイズケアの包括組織

STAFF BLOG

HIV診療の質を上げるんじゃ!!@うどん県

お久しぶりです。ヤマサキです。久々のブログなので調子が出ないかもしれませんがしばしお付き合いください。

 

お題のとおり?9月23日(火・祝)に香川県で「四国地方の診療医師およびスタッフのためのHIV講習会」をの広島大学病院主催で行ってきました。

題名から連想できんわ!!という方、ごめんなさい。知識人になればなるほどヤマサキの文章はわかりにくいみたいなので、頭がいいとポジティブに捉えてください 笑

 

当日は好天に恵まれ、風も非常に気持ちよく、絶好の行楽日和!!

見てくださいそのときの絶景を!!ここで講習会が行われました!!

P1030721

 

 

 

 

 

 

 

あまりに正確な四角い部屋に規律正しく並んだ椅子と机、それを照らす蛍光灯の輝きが素晴らしいですねーーー。窓一つないこの部屋からは、外が晴れなのか雨なのか1ミリも想像できません!!

この時点でヤマサキの祝日を返して欲しくなったのは言うまでもありません…

 

こんな地に赴いていただいた参加者は総勢19名。

医師が7名、看護師が12名でした。ほんとにご参加ありがとうございました。

ヤマサキは広島に来てようやく1年が経ち、Lv2になったばかりなので、参加人数が多かったのかどうかはよくわかりません…。

室長、参加人数は多かったんですか?

 

まぁそれはさておき、本研修会に国立病院機構大阪医療センターから矢嶋敬史先生をお招きし、「簡単にわかるエイズ診療」のお題で講演をいただきました。お題通り非常にわかりやすく、「HIVとAIDSの違いって?」という方でもすんなりと頭に染み込む内容でした。

矢嶋先生ありがとうございました!!

P1030704

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにそのときヤマサキは「忍法:無瞬目の術」の印を逆に結んでしまい、ところどころ記憶がございません…。

矢嶋先生の目の前だったのに…。もうヤマサキは大阪医療センターに出す面がなくなりました…。

 

そして次にHIV診療を行う上で知っておいてほしいことを10問ほど問題にして、リモコンボタンにて参加者の皆様に回答していただきました。正解率がいずれの問題も80%を下回ることがなく非常に優秀だったと思います。

P1030709

 

 

 

 

 

 

 

 

そして最後に恒例のロールプレイ。3グループに分かれてもらった後に、患者役・医療従事者役を決めて演じきってもらいました。

ヤマサキがHIV診療を行うより質が高いかもしれないと思うほどいずれのグループもレベルが高く、正直焦りました。

P1030718

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じで13:30~17:35に開かれた講習会はあっという間に過ぎていき、無事に皆様スキルアップして帰っていただくことが出来たことに安心した一方で、自分自身のスキルアップもしていかなければと思いを新たにしました。

ちなみにヤマサキはうどんを1ミリもすすることなくうどん県を後にしてしまいましたとさ。おしまい。

 

ヤマサキ

 

 

2014/09/26
Category:研修会・会議・講演等

エイズ研修会をしたんよ。

去る9月19日(金)に,広島大学病院のエイズ研修会をしました。今年のテーマは,「ネットワーク」。つまり,ネットワークをどのように構築していったか…といった点について

歯科の立場から本院歯周診療科の柴准教授に,ブロック拠点病院の立場から北海道大学病院血液内科の遠藤先生にお願いしました。

エイズ研修会4 エイズ研修会2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

挨拶は,平川副病院長先生。

エイズ研修会3

 

 

 

 

 

 

 

結構集まっていただきました(感謝,感謝です)

エイズ研修会1

 

 

 

 

 

しかし,医師の出席が少なかったのが残念ですね。みなさん,忙しいのかな〜。

その後,演者の両先生を囲んで懇親会。計13名で,楽しく過ごしました。写真はあるんだけど,女性陣の顔が余りにもテカっていて,後で怒られそうなのでupはやめときます。

(室長 藤井)

 

2014/09/24
Category:研修会・会議・講演等

エイズ漬けの2日間じゃったけー2

1つのエピソードで収まらなかったので第2弾。

さて,次の日ですが…。

Unknown Unknown-1 ACC

なんじゃらほい,とお思いかも知れませんが,私も最初はそうでした。HIV関連認知障害を早期に発見するために使用される心理検査が名付けて「CO-CO-Battery」なんだそうです。その疫学研究(J-HAND研究)がACCで立ち上がり,そこに呼ばれてACCまで行ってきました。私の中ではHANDとエイズ脳症,あるいはHANDと正常,人格障害・発達障害の境界が曖昧で,あまりこの関連に立ち入らないようにしていましたが,どうやら鈴を付けられたようです。研究参加することになるかと思いますので,みなさまご協力の程をお願いします。   (室長 藤井)

2014/09/01
Category:研修会・会議・講演等

プロフィール

PROFILE


広島大学病院HIV医療チームのスタッフブログです。

バックナンバー

BACK NUMBER

検索

SEARCH

スマートフォン版PC版