中四国エイズセンター

中四国ブロックのエイズケアの包括組織

一般・患者の皆様へ

FOR GENERAL

お薬を飲んでいる方へ

くすりの作用

エピビル

エピビル

基本情報

一般名
ラミブジン(3TC)
分類
(核酸系)逆転写酵素阻害剤
保存
室温
用法・用量
・150mg 1回1錠を1日2回
・300mg 1回1錠を1日1回

内服時の注意点

  • 毎日決まった時間であれば、食事に関係なく服用できます。

注意すること

  • B型肝炎の方は、服用を中止すると、肝炎の症状が急激に悪化する場合があります。
  • 服用を始める前には、必ずB型肝炎ウイルスの確認を行ってください。

主な副作用

肝障害、乳酸アシドーシス、膵炎、末梢神経障害など

※この写真はACC患者ノート2015から引用しました。
スマートフォン版PC版