中四国エイズセンター

中四国ブロックのエイズケアの包括組織

インフォメーション

INFORMATION

イベントカレンダー

中四国地方を中心としたエイズ関連のイベントをご紹介します。
中四国エイズセンターイベントカレンダーは随時更新していきます。
このコーナーに掲載をご希望の方は、要項をFAX< 082-257-5351>で広島大学病院エイズ医療対策室までお知らせ下さい。

2014年9月

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
7
 
8
 
9
 
10
11
 
12
 
13
 
14
 
15
 
16
 
17
18
19
20
 
21
 
22
 
23
24
 
25
 
26
 
27
28
29
 
30
 
         
会名の前の記号・・・○オープン、●クローズド、□セミクローズド

●第28回 看護師のためのエイズ診療従事者研修会

日時 平成26年9月17日(水)・18日(木)
場所 広島大学病院
対象 中国四国ブロック内のエイズ治療拠点病院に勤務する看護師
主催 広島大学病院(広島県エイズ受託研究事業)
お問い合わせ 広島大学病院 エイズ医療対策室(TEL/FAX:082-257-5351)

●平成26年度四国地方の診療医師及びスタッフのためのHIV講習会

日時 平成26年9月23日(火・祝日)
場所 サンポートホール高松(高松市)
対象 医師(※研修医含む)及び看護師
主催 広島大学病院 エイズ医療対策室(厚生労働省エイズ対策研究事業)
お問い合わせ 広島大学病院 エイズ医療対策室(TEL/FAX:082-257-5351)

○平成26年度広島大学病院エイズ研修会

日時 平成26年9月19日(金)17:45~19:15
場所 広島大学病院 臨床管理棟 3階 大会議室
対象 広島大学病院教職員、
広島大学霞キャンパス内教職員・学生、
院外医療関係者対象
内容 講演1「HIV感染者の歯科診療の現状と
    ネットワーク構築」
広島大学病院 歯周診療科 准教授 
柴 秀樹 先生
  
講演2「北海道ブロック拠点病院としての
    役割と活動について」
北海道大学病院 血液内科 講師 
遠藤 知之 先生
主催 広島大学病院(広島県エイズ受託研究事業)
お問い合わせ 広島大学病院 エイズ医療対策室
(TEL/FAX:082-257-5351)
その他 事前申し込み不要です。
参加ご希望の方は、直接会場へお越しください。
参考 研修カリキュラム、プログラムはこちら→ PDF
ポスター

□第123回岡山HIV診療ネットワーク研究会

日時 平成26年9月6日(土)午後 2:00~4:30
場所 岡山国際交流センター B1階レセプションホール
岡山市北区奉還町2丁目2-2 ℡086-256-2905
参加費 無料
内容 特別講演会:
①2:00~2:15 報告
「平成26年度中国四国ブロックエイズ治療拠点病院等連絡
 協議会などの報告」
川崎医科大学血液内科学 和田秀穂

②2:15~3:15 特別講演①
司会:川崎医科大学附属病院看護部/西村瑞穂
「広島大学病院HIV医療チームにおける看護師の活動と
 人材育成」
広島大学病院看護部Ⅰ外来(内科) 木下一枝 副看護師長

~休憩~

③3:30~4:30 特別講演②
司会:川崎医科大学血液内科学/和田秀穂
「広島大学病院におけるエイズ診療の変遷
 ~困難事例を振り返りながら~」
広島大学病院輸血部 藤井輝久部長

当番世話人:渡邉三恵子(川崎医科大学附属病院看護部)
      和田 秀穂 (川崎医科大学 血液内科学)

主催 主催:岡山HIV診療ネットワーク
◆入会ご希望の方は、入会費1,000円を受付時にお支払い下さいますようお願い致します。
その他 次回のお知らせ : 第124回研究会は平成26年11月(日未定)に、岡山大学病院で定例会の予定です。演題発表を広く募集しています。
参考 研修カリキュラム、プログラムはこちら→ PDF
ポスター

●平成26年度エイズ/性感染症予防講演会

日時 平成26年9月18日(木)13:10~16:00
場所 東広島市中央生涯学習センター 小ホール
(広島県東広島市西条栄町7番48号)
対象 教育関係者、医療関係者、保健行政関係者等
参加費 無料
内容 講演「今どきの性感染症~中・高校生に
   知っていてもらいたい性の病気~」
講師 山岸 拓也 先生
国立感染症研究所感染症疫学センター 主任研究官

報告「ピュアエデュケーションの必要性と
   HIV感染症予防対策協議会の活動」
講師 加藤 恭博 先生
平成25年度広島県西部東保健所HIV感染症予防対策協議会会長
主催 中国・四国ブロックエイズ治療拠点病院等連絡協議会
広島中央地域保健対策協議会
共催 東広島市
お問い合わせ 中国・四国ブロックエイズ治療拠点病院等連絡協議会事務局(広島県感染症・疾病管理センター)
担当者 西川
電 話 082-250-2041
FAX 082-254-7114

広島県西部東保健所
保健課・保健対策係
担当者 中重・畦地
電 話 082-422-691(2415)
参考 研修カリキュラム、プログラムはこちら→ PDF
ポスター

○認知行動理論にもとづくセーファーセックスプログラム
  “REACH Onsite 2014”の参加者募集

日時 面接プログラムは2014年9月27日(土)・28日(日)に実施します
場所 【広島地区】JR広島駅付近の会場にて実施
【新潟地区】JR新潟駅付近の会場にて実施
対象 参加条件
以下の3つをすべて満たす方が対象です。
1.18歳以上の男性であること
2.過去に、HIV感染状況を知らない男性とのナマの
  アナルセックスが1回以上あったこと
3.現時点で、HIV(-)か、HIV(?)であること

注:HIV(-)とは、HIV抗体検査で陰性(感染していない)であること
  HIV(?)とは、HIV感染状況が不明であること

内容 2012年、2013年に横浜と大阪で実施して好評だったプログラムを、今年は東京、広島、新潟のゲイ・バイセクシュアル男性に向けて実施!(東京は定員に達し締切りとなりました。)

セーファーにできるか否かの分かれ道… 実はあなた自身の認知が道しるべ! セックスの時、あなたの思考回路はどっちに向いている?ちょっと振り返ってみませんか。どんな考え方があなたをセーファーな道に後押ししてくれるのか、私たちと一緒に考えてみませんか。DVDやチェックリストなど、オリジナルのツールを使って楽しく進めていきます。

参加に関心のある方は、下記URLをご覧ください。
詳しくはこちら

申し込み締切り:2014年9月24日(水)午前9時

募集人数:広島・新潟 各10名
(各地の募集人数に達し次第、〆切ります)。

主催 厚生労働科学研究費補助金エイズ対策政策研究事業「個別施策層のインターネットによるモニタリング調査と教育・検査・臨床現場における予防・支援に関する研究」班(主任研究者:宝塚大学看護学部 日高庸晴)の中の「認知行動理論によるHIV予防介入研究」(分担研究者:新潟大学医歯学総合病院 古谷野淳子)
お問い合わせ REACH Onsite事務局
reach-onsite@j-msm.com  

●府中市自立支援協議会相談支店部会研修
 「感染症に対しての正しい理解について」

日時 平成26年9月10日(水)14:00~16:30
場所 福祉交流館パレットせいわ 3階研修室
府中市広谷町959-1
内容 「感染症に対しての正しい理解について」
講師:広島大学病院 エイズ医療対策室 看護師 小川良子
   広島大学病院 エイズ医療対策室 臨床心理士 浅井いずみ
主催 府中市役所地域福祉課
お問い合わせ 府中市役所地域福祉課 しょうがい福祉係 担当:唐川
〒726-8601 府中市府川町315
Tel:0847-43-7148
Fax:0847-45-3206
Email:fukushi@city.fuchu.hiroshima.jp
スマートフォン版PC版