中四国エイズセンター

中四国ブロックのエイズケアの包括組織

インフォメーション

INFORMATION

イベントカレンダー

中四国地方を中心としたエイズ関連のイベントをご紹介します。
中四国エイズセンターイベントカレンダーは随時更新していきます。
このコーナーに掲載をご希望の方は、要項をFAX< 082-257-5351>で広島大学病院エイズ医療対策室までお知らせ下さい。

2014年8月

       
1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
10
 
11
 
12
 
13
 
14
 
15
 
16
 
17
 
18
 
19
 
20
21
22
 
23
 
24
 
25
 
26
 
27
 
28
 
29
30
31
 
会名の前の記号・・・○オープン、●クローズド、□セミクローズド

●第27回 看護師のためのエイズ診療従事者研修会

日時 平成26年8月20日(水)・21日(木)
場所 広島大学病院
対象 中国四国ブロック内のエイズ治療拠点病院に勤務する看護師
主催 広島大学病院(広島県エイズ受託研究事業)
お問い合わせ 広島大学病院 エイズ医療対策室(TEL/FAX:082-257-5351)

●平成26年度 心理職対象HIVカウンセリング研修会(初心者向け)

日時 平成26年8月9日(土)
場所 山口グランドホテル(山口市)
対象 中国四国ブロック内のエイズ治療拠点病院勤務の心理職、派遣カウンセラー、HIVカウンセリングに関心のある臨床心理士・大学院生等
主催 広島大学病院 エイズ医療対策室(厚生労働省エイズ対策研究事業)
お問い合わせ 広島大学病院 エイズ医療対策室(TEL/FAX:082-257-5351)

○平成26年度第1回中国・四国ブロックエイズ治療拠点病院等連絡協議会

日時 平成26年8月29日14:00~17:00
場所 メルパルク岡山
〒700-0984 岡山県岡山市北区桑田町1-13 
℡086-223-8100
対象 中国・四国ブロック拠点病院、広島県臨床心理士会、中国・四国中核拠点病院、
中国・四国拠点病院、中四国各県市 等
内容 1開会(14:00~14:05)
 あいさつ 広島県健康福祉局長
 歓迎挨拶 岡山県健康推進課長

2報告1(14:05~15:05)
 中国・四国ブロックのエイズ対策の実施状況について
  広島大学病院 エイズ医療対策室長 藤井 輝久
  広島大学大学院医歯薬保健学研究院歯周病態学研究室 准教授 柴 秀樹
  広島県西部東保健所HIV感染症予防対策協議会 会長 加藤 恭博

  座長 川崎医科大学附属病院川崎病院 副院長・内科部長 沖本 二郎

3報告2(15:05~16:05)
 岡山県の現状と取組
  報告 川崎医科大学附属病院 血液内科部長 和田秀穂
     岡山県
   [医療と行政の連携した取組(おかやまエイズ対策防止作戦)(仮)]
 
  パネルディスカッション
  座長 川崎医科大学附属病院 血液内科部長 和田秀穂
     岡山県
  パネラー
   [10拠点病院(医師)、看護師代表、薬剤師代表、臨床心理士会、
    医療ソーシャルワーカー協会、保健所代表]

4休憩(16:05~16:15)

5特別講演(16:15~17:00)
 「HCV/HIV重複感染における最近の話題」
  東京大学医学部附属病院 感染症内科科長 四柳 宏

  座長 岡山大学病院 感染症内科 教授 草野 展周

6閉会
主催 広島県
お問い合わせ 広島県健康福祉局健康対策課
感染症疾病管理グループ
電話:082-250-2041
FAX:082-254-7114

●平成26年度中国・四国エイズ治療中核拠点病院と各県市連絡会議

日時 平成26年8月29日(金)12:30~13:30(予定)
場所 メルパルク岡山
〒700-0984 岡山県岡山市北区桑田町1-13 
℡086-223-8100
対象 中国・四国各県エイズ治療中核拠点病院、中国四国各県、広島市、岡山市
主催 広島県健康福祉局健康対策課
広島大学病院エイズ医療対策室
お問い合わせ 広島県健康福祉局健康対策課
感染症疾病管理グループ
電話:082-250-2041
FAX:082-254-7114

●セクシュアルマイノリティの心理的支援
 -若者支援の基礎知識と実践-

日時 2014年8月30日 (土) 10時 ~ 16時 (受付 9時30分~)
場所 宝塚大学看護学部 大阪梅田キャンパス502教室
(大阪市北区芝田1-13-16 JR大阪駅から徒歩10分、
 阪急梅田駅から徒歩5分)
対象 ①臨床心理士、臨床心理士をめざす大学院生、
 精神科医、精神保健福祉士。
②その他、教育・保健・福祉の領域に従事する方。
※ただし、午後の部は①の方のみ対象
参加費 ①の方は全日参加5000円(大学院生3000円)、②の方は午前の部のみで3000円。当日受付にてお支払ください。
内容 午前の部 10:00-12:30

セクシュアルマイノリティとは?
-理解と心理的支援
葛西真記子 鳴門教育大学大学院 学校教育研究科 教授

セクシュアリティに関する悩みと心身の健康問題
-若者の現状
日高 庸晴 宝塚大学看護学部 教授
松髙 由佳 広島文教女子大学人間科学部 心理学科 講師

教育・保健・心理の専門家に知ってほしいこと
―当事者からのメッセージ

午後の部 13:30-16:00

心理的支援の事例検討会-思春期/
青年期のセクシュアルマイノリティのケース
コメンテータ 高石 浩一 京都文教大学臨床心理学部 臨床心理学科 教授

※事例提供者を募集します。詳細は下記のその他をご覧ください。
主催 セクシュアリティの心理的支援を考える会

事前申し込み(定員100名)
事務局 松高ymatsutaka@h-bunkyo.ac.jp 宛て、
次の情報を明記しお申込みください。
1) お名前、2) ご所属・職名、3) メールアドレス、
4)臨床心理士の方は臨床心理士番号
※締切:8月25日(月)。
送信後、3日経っても事務局より
返信がない場合、恐れ入りますが問い合わせください。
※当日参加も可能ではございますが、配布資料と座席に
限りがあります、ご了承ください。
お問い合わせ 広島文教女子大学人間科学部 講師 松高由佳
メール:ymatsutaka@h-bunkyo.ac.jp
電話 :082-814-2135(内線334)
その他 「午後の部」の事例提供者を募集します。「大学の学生相談または中学・高校生のセクシュアルマイノリティのケース」が対象です。ご希望の方は、申込みのメールに「事例提供希望」とお書きください。併せて、事例の概要と検討点を「A4 1枚以内」でまとめた資料を簡易書留で郵送してください。8月6日(水)必着。お送りいただいた方には、事務局からご連絡します。
郵送先:〒731-0295 広島市安佐北区可部東1-2-1 広島文教女子大学人間科学部 松高由佳
参考 研修カリキュラム、プログラムはこちら→ PDF
ポスター

●平成26年度四国地方HIV医療体制構築のための連携会議

日時 平成26年8月29日17:30~19:00
場所 メルパルク岡山
〒700-0984 岡山県岡山市北区桑田町1-13 
℡086-223-8100
対象 四国地方エイズ治療の中核拠点病院の医師、看護師、薬剤師、心理士、ソーシャルワーカー等医療従事者
主催 広島大学病院エイズ医療対策室(厚生労働省エイズ対策研究事業)
スマートフォン版PC版