中四国エイズセンター

中四国ブロックのエイズケアの包括組織

インフォメーション

INFORMATION

イベントカレンダー

中四国地方を中心としたエイズ関連のイベントをご紹介します。
中四国エイズセンターイベントカレンダーは随時更新していきます。
このコーナーに掲載をご希望の方は、要項をFAX< 082-257-5351>で広島大学病院エイズ医療対策室までお知らせ下さい。

2009年9月

 
1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
7
 
8
 
9
10
11
 
12
13
 
14
 
15
16
 
17
 
18
 
19
 
20
 
21
 
22
 
23
 
24
 
25
 
26
 
27
 
28
 
29
 
30
 
       
会名の前の記号・・・○オープン、●クローズド、□セミクローズド

●平成21年度 抗HIV薬服薬指導研修会

日時 平成21年9月6日(日)10:00~12:30
場所 広島県薬剤師會舘
(広島市中区富士見町11-42 電話:082-246-4317)
対象 広島県薬剤師会保険薬局部会会員
参加費 日本病院薬剤師会のHIV感染症専門薬剤師制度認定講習会受講証発行料として1000円を当日受付にて徴収致します。
内容 【司 会:広島県薬剤師会 副会長 村上 信行先生】
10:00 –10:10 開会の挨拶  
 広島県薬剤師会会長 前田泰則先生
 広島県病院薬剤師会会長 木平健治先生
10:10 –10:40講演①  
 「HIVソーシャルワークと医療制度-治療を継続するために-」
 講師:舩附祥子先生(広島大学病院 エイズ医療対策室 ソーシャルワーカー)
10:40 –12:10講演②  
 「服薬を支えるもの,邪魔するもの-臨床心理士の立場から-」
 講師:小島賢一先生(荻窪病院 血液科 臨床心理士)
12:10 –12:20レポート作成 
12:20 閉会の挨拶
主催 広島県薬剤師会
共催 広島県病院薬剤師会
その他 ※日本薬剤師研修センター認定研修として1単位となります。
※日本病院薬剤師会のHIV感染症専門薬剤師制度認定講習会(1単位)として、認定申請中です。

●第18回看護師のためのエイズ診療従事者研修会

日時 平成21年9月9日(水)~9月10日(木)
場所 広島大学病院
対象 中四国ブロック拠点病院に勤務する看護師
主催 広島県、広島大学病院、広大病院エイズ医療対策室
お問い合わせ 広島大学病院 エイズ医療対策室(TEL/FAX:082-257-5351)

○第93回岡山HIV診療ネットワーク研究会

日時 平成21年9月15日(火曜日)18:00~20:30
場所 川崎医科大学本館8階レストラン楷の木
倉敷市松島577 TEL:086-462-1111
参加費 無料
内容 18:30~18:45 報告事項 司会:三宅晴美
「歯科のHIV診療体制整備」岡山ネットワーク会議を開催して
 報告者:和田秀穂(川崎医科大学血液内科教授)
18:45~20:15 症例検討 司会:和田秀穂
第一部:神経合併症(18:45~19:45)
①「脳血流SPECTで大脳基底核に集積低下を認めた
  髄膜脳炎を契機として診断された急性HIV感染症」
 報告者:岡本聡子(川崎医科大学神経内科研修医)
②「急性HIV感染症にともなった無菌性髄膜脳炎の1症例」
 報告者:丹野雄平、長永真明、北口浩史、大井長和(神経内科)
      上田恭典(倉敷中央病院血液内科)
③「結核性髄膜脳炎を発症し、急速に死の転帰をとった外国人例」
 報告者:萬納寺聖仁(川崎医科大学血液内科研修医)
④「診断が遅れたHIV脳症」
 報告者:櫛田隆太郎(川崎医科大学神経内科シニアレジデント)
第二部:その他の合併症(19:45~20:15)
①「急性B型肝炎発症時に診断したHIV感染症」
 報告者:山本 卓(川崎医科大学肝・胆・膵内科研修医)
②「抗HIV療法開始後、副腎不全症状が顕在化したAIDS症例」
 報告者:板野精之(川崎医科大学糖尿病内分泌内科研修医)

当番幹事:和田秀穂(川崎医科大学血液内科教授)
       三宅晴美(川崎医科大学付属病院看護部)

主催 岡山HIV診療ネットワーク
◆入会ご希望の方は、受付時に年会費1,000円をお支払い下さい。
参考 研修カリキュラム、プログラムはこちら→ PDF
ポスター

○日本医療薬学会第34回医療薬学公開シンポジウム
 「医療医学における専門薬剤師」

日時 平成21年9月12日(土)14:30~17:15
場所 愛媛県薬剤師會舘3階
愛媛県松山市三番町7-6-9
参加費 無料
内容 14:30 開会の辞 済生会今治病院薬剤部長 岡部泰男
14:35 特別講演
 座長:愛媛大学大学院医学系研究科教授・付属病院薬剤部長 荒木博陽
「専門薬剤師に期待する」
 演者:名城大学薬学部医療薬学科薬品作用学教室教授 鍋島俊隆
15:35 シンポジウム
 座長:広島大学大学院医師薬総合研究科教授・附属病院薬剤部長 木平健治
講演1「感染制御専門薬剤師としての取り組みと成果」
 演者:愛媛大学医学部附属病院薬剤部 田中亮裕
講演2「HIV専門薬剤師の役割と今後の課題」
 演者:広島大学病院薬剤部 畝井浩子
講演3「精神科臨床で求められる精神科専門薬剤師の職能」
 演者:創精会松山記念病院薬剤科 梅田賢太
講演4「がん患者に対する専門薬剤師の取り組み」
 演者:岡山大学医学部・歯学部付属病院薬剤部 松永 尚
17:15 閉会の辞 愛媛大学大学院医学系研究科教授・附属病院薬剤部長 荒木博陽
主催 日本医療薬学会
お問い合わせ 愛媛大学医学部付属病院薬剤部内
日本医療薬学会第34回医療薬学公開シンポジウム事務局
実行委員長:荒木博陽(事務局:末丸克也)
電話:089-960-5731 FAX:089-960-5745
スマートフォン版PC版