中四国エイズセンター

中四国ブロックのエイズケアの包括組織

STAFF BLOG

H27年度第1回HIV/AIDS専門カウンセラー研修会を開催したんよ

こんにちは。浅井です。台風が過ぎ去り今朝は涼しい空気を感じましたね。秋が近づいてきています。

 

さて、まだまだ暑かった8月1日~2日、中四国ブロックの「HIV/AIDS専門カウンセラー研修会」が開催されました。私は研修会の事務局スタッフとして参加しましたので報告です。

この研修会は広島県臨床心理士会主催の研修会で、中国四国ブロックのエイズ派遣カウンセラー、エイズ治療拠点病院のカウンセラーとソーシャルワーカーが対象です。

以下、プログラムです。「心理・ワーカーセッション」以外は「薬剤師のための抗HIV薬服薬指導研修会」と合同で行われます。

 

<1日目>

講義1:「HIV感染症の治療」

(大阪医療センター 感染症内科:医師 矢嶋敬史郎先生)

講義2:「HIV感染者の心理社会的問題とカウンセラーの役割」

(大阪府立大学 地域保健学域教育福祉学類 山中京子先生)

心理ワーカーセッションⅠ「派遣カウンセラーによる事例報告」

演習:「オリエンテーション」

ロールプレイによる服薬指導の体験的学習

(広島大学 保健管理センター:臨床心理士 内野 悌司先生他)

夕食・意見交換会

<2日目>

演習:「ロールプレイによる服薬指導の体験的学習」

心理・ワーカーセッションⅡ「ソーシャルワーカーによる事例報告」

 

元心理職であったという医師の矢嶋先生のお話は、診察という限られた時間の中で身体面だけでなく、心理面や社会面まで目を配り、チームで患者さんを支援することを実践されていることが伝わってくるものでした。

山中先生は、医療体制班においてHIVカウンセリング体制の普及と充実に関して長年研究をされてきた先生です。研修会では、心理検査を通じて心理職がチームに貢献する可能性を示唆する研究結果についてお話いただきました。

DSC00212

 

恒例のロールプレイですが・・・

薬剤師、ソーシャルワーカー、カウンセラーそれぞれの事例設定があり、事前に患者背景をより細かく決めて本番に臨みます。そのため、ロールプレイとは言えど現実にありそうな面談が繰り広げられました。(今年の事例設定はちょっと難しかったかも・・・事務局の反省点です。)

写真は事例設定をしているときですね。やや緊張した雰囲気が伝わってきます。

 

P1040298

 

 

この研修会は、多職種が一堂に会し一緒に学ぶことができる貴重な機会です。他職種と意見を交わすことでチームにおける他職種の専門性や役割を理解し、自分にはない視点を得ることができます。また、他職種に対して自分の職種の役割を理解してもらうよい機会です。心理・ワーカーセッションは個々の臨床を振り返り今後の支援につながる場となります。(全員参加の夕食意見交換会も一役買ってます☆)関心のある方はぜひ来年ご参加を!

 

ご協力くださった講師、スタッフの皆さま、参加者の皆さま、ありがとうございました。

(浅井) maimappu

2015/08/26
Category:研修会・会議・講演等

6月29日広島県エイズ治療中核拠点病院等連絡協議会、県内医療従事者等研修会

花火

こんにちは☆     城下です。今回は、会議に出席しましたので、(少し遅くなってしまったのですが)報告致します。

 

 

まずは、広島県エイズ治療中核拠点病院等連絡協議会です。

〇プログラム

1)広島県からの報告「広島県におけるHIV/エイズ対策について」 ー広島県感染症・疾患管理センター 感染症対策担当監 田渕文子 2)「広島市内3拠点病院の連携と当院におけるHIV診療」     ー県立広島病院 エイズ支援室長 宮本真樹            3)「本院の高齢HIV感染症患者の現状と問題点」        ー広島大学病院 エイズ医療対策室長 藤井輝久

〇感想

エイズはARTの進歩により患者の高齢化が進み、慢性疾患となってきています。しかし、その認識は医療者の中でも薄いということを日々感じており、まずは、院内の意識から変えていく必要があると思います。という私も恥ずかしながら知らない間にHIV/AIDSに対して偏った見方をしていたことに最近気づいた一人でもあります。このブログや研修会、エイズアップデートを通して、情報を発信し、地域や院内他科病棟でも何のためらいもなく受け入れて貰えるような環境を作っていきたいと思いました。

 

つぎに、県内医療従事者等研修会です。

〇プログラム

1)県内からの報告「HIV感染者の長期療養支援について:療養型病床で受け入れた経験の報告」                  -医療法人微風会ビハーラ花の里病院 神経内科部長 織田雅也  ー座長 県立広島病院エイズ支援室長 宮本真樹

2)講演「HIV感染症と腎障害 そして透析との関わり」                             -東京医科大学病院 臨床検査医学科 助教 村松崇         ー座長 広島市立広島市民病院 血液内科主任部長 野田昌昭

 

〇感想

HIV/AIDS患者がなかなか受け入れられない現状下、長期療養型病院で実際に受け入れをしてみたあとの話はとても勉強になりました。受け入れ後、ケアをしていく中で生じた様々な問題を一つ一つ解決していく過程がよく分かり、受け入れに不安がある施設等にこのような情報を提供していきたいと思いました。

 

 

さいごに、

今回の大きな反省点として写真が1枚もないことなので、次回からは写メラマンの任務も果たしていこうと思います 汗)

 

ではまた(^^)

(城下)

2015/08/12
Category:研修会・会議・講演等

【第9回中国四国地方エイズ診療 医師のための研修会@広島大学病院】を開催!!

 

お久しぶりです。クリッカー担当としても戦力に?が付いてしまうヤマサキです…。それなら誰かあのめんどくさい、手順を1つでも間違うと後のスライドが全く機能しなくなるあのじゃじゃ馬ソフトを使いこなしてみんかい!!と愚痴を言うのは置いときまして…今年も719日に医師研修会を行いました!!(スタッフ間の仲が悪いわけではないのであしからず(笑))

 

今年はクリッカーは使わずに、グループディスカッション形式が復活し、私ヤマサキは名実ともに戦力外ということで、会場準備などなど黒子に徹する1日となりました(汗)今回は8名の先生方にご参加いただきました。毎度の事ながらせっかくの連休ど真ん中で、天気のいい中薄暗い部屋に閉じこもっての研修お疲れ様でした。部屋は薄暗かったのですが、研修を受ける先生方の様子は明るかったのでスタッフとしては大満足でした。

開会の挨拶の様子がこちら。室長のありがたいお言葉に頭が上がらない様子の1枚というわけではありません(笑)

P1040212

 

 

 

 

 

 

 

研修会の内容としては東京医科大学病院の村松崇先生の「HIV感染症の基礎知識、最新治療」、ワークショップで「典型的な日和見疾患の診断・治療」、ロールプレイで「検査の進め方と告知の仕方」の3本立てでした。

それぞれの様子が以下になります。

キャプチャ1

 

 

 

 

 

 

 

村松先生は一般的なことから最新の治療に関して熱く講義いただき、私ヤマサキも「そうなんだ!」と思うことが多々あり、充実した時間であっという間に終わりました(特にHCV抗体陰性なのにウイルスが検出される症例があることに驚愕でした)。若干講演時間はオーバーしてしまいましたが、それを感じさせなかったのはしゃべりのうまさがあったからでしょう。村松先生お疲れ様でした。

 

P1040220

 

 

 

 

 

 

 

講演の後は恒例のお好み焼きタイム。お好み焼き大好きなヤマサキは、写真を撮られているのも全く気付かない程がっついていました(汗)撮るなら撮ると言ってくれれば「青のりスマイル」を提供したのに(笑)(←その場合公の場にはアップ出来なくなりますがね…

 

腹ごしらえが終わってからはグループディスカッションです。「どうせHIV関連の疾患だからそれを思ってやればいいんでしょ?」というスタンスの方は見受けられず、皆様現病歴や身体所見から様々な鑑別疾患を挙げる真摯な態度に感動したと同時に、どうしてヤマサキはそんなにスレてしまったんだろうと反省した次第です。

P1040222

 

 

 

 

 

 

 

 

最後にロールプレイです。例年一番盛り上がるところ?ですね。皆様役者志望であった時期があったのと思うほど目が輝いておられました。

キャプチャ2

 

 

 

 

 

 

 

こちらはヤマサキがチューターをしたグループの風景です。HIV検査を勧める場面で、左はフランクな患者役で、右が一生懸命検査を勧める皮膚科医役です。患者は梅毒治療しか興味がなくHIV検査は「別に~。それより梅毒の治療早くしてよ~。」と言うのですが、めげずに「あなたのことが心配だから」ということでHIV検査を勧めているところです。日常診療でありそうな雰囲気であり、それぞれの役を演じた方やそれを見ていた方双方が勉強になったと思います。

P1040232

 

 

 

 

 

 

 

こちらはもう一方のグループのロールプレイ風景です。村松先生が見入っているのが印象的な1枚ですね。みんな始めは恥ずかしがるのですが、最後はスタッフが見入ってしまう程というのが伝わるのではないでしょうか?  

 

楽しい研修会はあっという間で、研修会時間がギリギリとなったため、巻きで行っている終了賞授与の風景です。手元やお辞儀が残像になっているところがいかにも!!という感じですね(笑)

キャプチャ3

 

 

 

 

 

 

 

嘘です。確かに巻きで行いましたが、代表者1人だけ修了証授与を行い、以下略のパターンで執り行いました。濱本プロカメラマンの技術向上を切に願う今日この頃です(汗)

とにもかくにもご参加いただきました先生方、大変お疲れ様でした。今後の診療に活かしていただければ大満足ですし、困ったことがあればエイズ対策室にコンタクトを取りやすくなっただけでもこの研修会を開催した意義はあるのではと考えています。今後ともエイズ対策室をよろしくおねがいしますね。

今回のブログはこれでおしまい。 

ヤマサキ

2015/07/27
Category:研修会・会議・講演等

プロフィール

PROFILE


広島大学病院HIV医療チームのスタッフブログです。

バックナンバー

BACK NUMBER

検索

SEARCH

スマートフォン版PC版